topimage

お知らせ
新刊ご案内
鶏の研究1月号
(好評発売中)鶏の研究表紙
New!鶏の研究12月号
(好評発売中)
鶏の研究表紙
自然と農業105号
(好評発売中)自然と農業表紙
New!自然と農業106号
(好評発売中)
自然と農業表紙
「鶏の研究」臨時増刊表紙

New! 臨時増刊「鶏の研究」第33号(好評発売中)
アニマルウェルフェア 10
2025年への対応

 近年、世界規模でアニマルウェルフェアを求める声が高まる中、欧州では2012年よりバタリーケージが禁止になり、2027年には家畜全畜種にケージ飼育を廃止する法律が成立する方向に進んでいます。また、アメリカでは大手企業600社以上でケージフリーの調達方針を出しており、その多くが2025年を目標年に設定し、同様にイギリスやフランス、さらには日本、中国、韓国でも2025年を目標到達年とする企業が増加しています。今回はこの世界的なケージフリーの流れと日本における実態、さらには農水省が発表した「採卵鶏の飼養管理に関する指針(案)」を検証し、平飼い鶏卵の流れを紹介する構成とさせて頂きます。

>>> その他目次

表紙

New! JAPAN POULTRY RESEARCH No.19
(好評発売中)

 本誌は、わが国の養鶏産業の実態を海外の養鶏関係者に広く紹介し、東南アジア諸国等の養鶏産業の発展と食文化向上に寄与することを目的としています。月刊『鶏の研究』に掲載されている飼養管理技術、飼料栄養、疾病、卵の栄養管理、日本の養鶏産業史、調査報告、および各種統計、新製品等、業界の動静を中心に、それらを英文に翻訳して掲載しています。そのほか、新たにわが国の養鶏産業の力を発信する記事も、あわせて掲載。 急変する業界に対応するため、研究者、技術者等関係各位の協力を仰ぎながら、急激に飛躍する東南アジアの養鶏産業界に対応し、ビジネスにおいて成功するための情報を提供します。


エッグサイティング(Eggciting)な卵の研究

今月の本今月の本

八田 一 著
上巻 卵の栄養と調理機能
下巻 卵の健康機能
A5判(上巻196頁、下巻186頁)
上巻・下巻 各¥2,600+消費税+送料
上下巻セット ¥5,200+消費税+送料

京都女子大学食物栄養学科の八田一教授が月刊「鶏の研究」に連載した48回の原稿をアップデート。身近な食品である卵の優れた機能を栄養機能(一次機能)、調理物性機能(二次機能)および健康機能(三次機能)に分類し、さらに連載時に紹介しきれなかった卵に関わる情報を加筆し、上巻と下巻にまとめた。上巻では、栄養機能として卵の栄養成分の特徴、コレステロール問題の最新情報や栄養素強化卵の価値等、調理物性機能として黄身返し卵等の研究、卵の加熱ゲル化性や乳化性の科学等を紹介。下巻では、卵の健康機能として卵黄に含まれる抗体を疾病予防に利用する研究や、最新のゲノム編集による遺伝子組み替え鶏が産む製薬としての「金の卵」、医薬工場としての採卵養鶏等を紹介。

その他おすすめはこちら




Copyright © 2005- Kikoushobou.net