topimage

お知らせ
新刊ご案内
表紙

JAPAN POULTRY RESEARCH No.1(好評発売中)

 弊社では90周年事業の一環として、わが国の養鶏産業の実態を海外の養鶏関係者に広く紹介し、東南アジア諸国等の養鶏産業の発展と食文化向上に寄与することを目的に、2017年3月15日に月刊鶏の研究の海外版「JAPAN POULTRY RESEARCH」を創刊しました。3月15日発行号はテスト版No.0号として、タイ・バンコクで開催されたVIVアジア会場内で配布し、参加者から良い反応を得ることができました。テスト版を出してから8か月間にわたり、徹底した調査を行った結果、東南アジアにおいて日本の養鶏技術を求める声は高まりつつあるとの結論に達し、このたび11月25日に季刊誌としてNo.1号を発行しました。内容としては、月刊「鶏の研究」に掲載されている技術記事を中心に行政記事、産業記事から構成されています。

鶏の研究表紙

鶏の研究4月号(好評発売中)

 今月号の「UV-LEDによるインフルエンザウイルスの不活化」では、近年深紫外線LEDのさまざまな病原性微生物への効果が報告されているが、インフルエンザウイルスへの効果はほとんど報告がないことを背景に、種々のピーク波長のUV-LEDを照射し高病原性鳥インフルエンザ(H5N1亜型)への不活化効果を評価した実験について解説します。「肉用鶏農場における有害微生物の低減に向けた取組みと課題」では、平成31年1月22日に農林水産省消費・安全局で開催された、鶏群の食中毒菌を低減するための意見交換グループ第1回意見交換会と、1月29日開催の同省のリスク管理検討会で、著者が報告した事例、肉用鶏農場における取組みと課題について図版と共に紹介しています。また、「鶏肉のおいしさ評価―官能評価と理化学分析の相関B」では、遺伝的背景が異なる地鶏「東京しゃも」「名古屋コーチン」「比内地鶏」「はかた地どり」を選定し、「味」「香り」「食感」に関する官能評価と理化学分析も実施した結果を紹介しています。 ぜひご一読ください。

>>> その他目次

自然と農業表紙

自然と農業92号(好評発売中)

 今号では、農林水産省の平成31年度予算概算を紹介しています。具体的には農地中間管理機構関連農地整備事業、農業の新しい働き方確立支援総合対策、持続的生産対策強化事業等の概要および予算額を掲載しています。また、有機JAS認証の審査項目に加えGAPガイドラインの差分項目を確認する方法について取り上げ、東京オリンピック・パラリンピックに向け、国内有機農産物登録認証機関および有機農産物生産工程管理者への周知を図るために示された具体的な内容を紹介しています。ほかにも、鞄本政策金融公庫の「平成29年農業経営動向分析」、農林水産省の「遺伝子組換え植物実態調査結果」等を誌面で取り上げています。

>>> その他目次

「鶏の研究」臨時増刊カバーページ

臨時増刊「鶏の研究」第26号(好評発売中)
不況時における経営効率改善 〜生産性向上と計数管理〜

 養鶏業界を取り巻く環境は日々激変しており、鶏卵相場は東低西高の相場構成で推移しています。寡占化が着実に進行している状況下、先行き不透明感が漂うなかにあっても増羽意欲は旺盛で、1%の増羽が5%の価格下落に繋がるといわれる環境において、生産者が生き残れる道は経営効率の改善、すなわち生産性向上につきるわけです。そこで本号では、「不況時における経営効率改善」をテーマとし、育成期の成長管理および成鶏期の産卵管理と産卵成績の関係性、鶏卵品質改善のための飼養管理、飼料添加物と鶏糞低減飼料による健康維持と鶏糞の処理コスト削減、安定した生産性確保のための鶏病対策、第一線の養鶏経営者へのインタビューで構成しています。

>>> その他目次


エッグサイティング(Eggciting)な卵の研究

今月の本今月の本

八田 一 著
上巻 卵の栄養と調理機能
下巻 卵の健康機能
A5判(上巻196頁、下巻186頁)
上巻・下巻 各¥2,600+消費税+送料
上下巻セット ¥5,000+消費税+送料

京都女子大学食物栄養学科の八田一教授が月刊「鶏の研究」に連載した48回の原稿をアップデート。身近な食品である卵の優れた機能を栄養機能(一次機能)、調理物性機能(二次機能)および健康機能(三次機能)に分類し、さらに連載時に紹介しきれなかった卵に関わる情報を加筆し、上巻と下巻にまとめた。上巻では、栄養機能として卵の栄養成分の特徴、コレステロール問題の最新情報や栄養素強化卵の価値等、調理物性機能として黄身返し卵等の研究、卵の加熱ゲル化性や乳化性の科学等を紹介。下巻では、卵の健康機能として卵黄に含まれる抗体を疾病予防に利用する研究や、最新のゲノム編集による遺伝子組み替え鶏が産む製薬としての「金の卵」、医薬工場としての採卵養鶏等を紹介。

その他おすすめはこちら




Copyright © 2012 Kikoushobou.net