topimage

お知らせ
新刊ご案内
表紙

JAPAN POULTRY RESEARCH No.1(好評発売中)

 弊社では90周年事業の一環として、わが国の養鶏産業の実態を海外の養鶏関係者に広く紹介し、東南アジア諸国等の養鶏産業の発展と食文化向上に寄与することを目的に、2017年3月15日に月刊鶏の研究の海外版「JAPAN POULTRY RESEARCH」を創刊しました。3月15日発行号はテスト版No.0号として、タイ・バンコクで開催されたVIVアジア会場内で配布し、参加者から良い反応を得ることができました。テスト版を出してから8か月間にわたり、徹底した調査を行った結果、東南アジアにおいて日本の養鶏技術を求める声は高まりつつあるとの結論に達し、このたび11月25日に季刊誌としてNo.1号を発行しました。内容としては、月刊「鶏の研究」に掲載されている技術記事を中心に行政記事、産業記事から構成されています。

鶏の研究表紙

鶏の研究9月号(好評発売中)

 鶏の研究9月号(好評発売中) 今号の「鶏コクシジウム症の病態」では、著者研究室の病性鑑定で散見される鶏コクシジウム症について、 自家所見を含めながら総合的に解説します。「畜産現場の脱臭技術や家畜排泄物の処理・利用について」では、九州沖縄農業研究センターにおいて家畜排泄物を燃焼させ耕種農家のハウス暖房等に利用する小型バイオマスボイラーを開発していることを背景に、家畜排泄物の燃焼利用やボイラー導入の概要を紹介します。「鹿児島県における鳥インフルエンザ防疫の官学連携体制」では、近年の高病原性鳥インフルエンザ発生メカニズム、野鳥における検査体制の現状、鳥インフルエンザ防疫の官学連携体制等について2回に分けて紹介、「消毒の1から10まで」では、GPセンター・食鳥処理場・種鶏孵卵場等におけるオゾンの利用について解説します。さらに「薬剤耐性(AMR)をめぐる話題」では、ドイツで社会心理学の手法を用い、現代の養鶏場が一般社会の人々からどのように見られているかについて調べ、2018年7月にPoultry Science誌に掲載された調査研究について紹介します。 ぜひご一読ください。

>>> その他目次

自然と農業表紙

自然と農業90号(好評発売中)

 今号では、平成29年度『食料・農業・農村白書』の概要を紹介しています。具体的には有機認証を受けた茶、こんにゃく、梅加工品の輸出の急増についてや、前年度に比べ実施面積が拡大した環境保全型農業直接支払等のトピックを取上げています。また5月に行われた『第7回日本の農業と食のシンポジウム』の模様を紹介。このシンポジウムでは、「自然型農業から日本の農業復興への挑戦」をテーマにした事例発表が行われたほか、種子法廃止に伴う懸念事項等が示されました。ほかにも7月開催の『アニマルウェルフェア第3回シンポジウム』や、都市型農業に従事する生産農家の取組み等、環境志向型農業の今≠伝える充実した内容となっています。

>>> その他目次

「鶏の研究」臨時増刊カバーページ

臨時増刊「鶏の研究」第25号(好評発売中)
アニマルウェルフェア 6

 アニマルウェルフェア問題について、本誌では過去5回にわたり特集し、幅広い記事を多面的に掲載してきた。近年EUおよびアメリカではアニマルウェルフェアが法制化され、EUでは2012年から実施、アメリカではカリフォルニア州をはじめ次々と多州でも法制化の波が押し寄せている。流通業界および外食チェーン主導のもと、その波は着実に浸透しており、その影響は当然わが国にも押し寄せて来ている。そこで今号では、アニマルウェルフェア政策における日本および海外の実態を取り上げた。世界の今を広く伝えると共に、わが国のアニマルウェルフェアのあるべき姿を見つけ出して頂くために、従来号とは切り口を若干変え、新たな執筆者を3名業界外から招き執筆願った。

>>> その他目次


今月の本

炭と木酢液の効果とそのメカニズム

木酢液の世界で著名な坂井田節先生が「鶏の研究」内で長期連載していた内容を大幅加筆修正し、書籍化しました! 木酢液の作用するメカニズムやその効果をあらゆる場面で研究した同著は養鶏はもちろん炭と木酢液を利用されるあらゆる方におすすめです!

その他おすすめはこちら




Copyright © 2012 Kikoushobou.net