topimage

お知らせ
新刊ご案内
表紙

JAPAN POULTRY RESEARCH No.1(好評発売中)

 弊社では90周年事業の一環として、わが国の養鶏産業の実態を海外の養鶏関係者に広く紹介し、東南アジア諸国等の養鶏産業の発展と食文化向上に寄与することを目的に、2017年3月15日に月刊鶏の研究の海外版「JAPAN POULTRY RESEARCH」を創刊しました。3月15日発行号はテスト版No.0号として、タイ・バンコクで開催されたVIVアジア会場内で配布し、参加者から良い反応を得ることができました。テスト版を出してから8か月間にわたり、徹底した調査を行った結果、東南アジアにおいて日本の養鶏技術を求める声は高まりつつあるとの結論に達し、このたび11月25日に季刊誌としてNo.1号を発行しました。内容としては、月刊「鶏の研究」に掲載されている技術記事を中心に行政記事、産業記事から構成されています。

鶏の研究表紙

鶏の研究6月号(好評発売中)

 今月号の「高品質な鶏卵を長期にわたって産卵させるための飼養・飼料技術B」では、安定した鶏卵生産を得るための飼養管理および栄養コントロール、また格外卵の発生にかかわるストレスの影響等を解説します。「採卵鶏における玄米用の基礎配合飼料を用いた籾の利用」では、飼料用米の農家レベルでの利用を検討し、市販の玄米用の基礎配合飼料を利用して給与形態や配合割合の違いが産卵性、卵質、卵黄中成分等に及ぼす影響を調査した結果を報告します。「地鶏・銘柄鶏10 年間(2007-2017)の変化」では、(一社)日本食鳥協会が平成30年3月に発行した2017年度版「全国地鶏・銘柄鶏ガイドブック」より、地鶏・銘柄鶏の分類、肉用鶏の生産(処理)羽数の変化、地鶏・銘柄鶏の銘柄数、銘柄鶏と地鶏の生産(出荷・処理)羽数の変化、銘柄鶏と地鶏の出荷日齢と出荷生体重について説明します。 ぜひご一読ください。

>>> その他目次

自然と農業表紙

自然と農業93号(好評発売中)

 今号では、今年2月にドイツ・ニュルンベルクで開催された「Bio Fach 2019」を紹介しています。この世界最大規模の国際オーガニック見本市には、今年もJETRO(日本貿易振興会)がジャパンパビリオンを設置し、14社の日本企業が出展した。30回開催の節目を迎え、世界的な「オーガニック」の活況と成長のエネルギーは今年も圧倒的であったという。ほかにも、日本生物防除協議会の「第3回日本生物防除協議会シンポジウム」、農林水産省の「全国調査環境保全に配慮した農業生産に資する技術の導入実態に関する意識・意向調査」の結果等を誌面で取り上げています。

>>> その他目次

「鶏の研究」臨時増刊カバーページ

臨時増刊「鶏の研究」第26号(好評発売中)
不況時における経営効率改善 〜生産性向上と計数管理〜

 養鶏業界を取り巻く環境は日々激変しており、鶏卵相場は東低西高の相場構成で推移しています。寡占化が着実に進行している状況下、先行き不透明感が漂うなかにあっても増羽意欲は旺盛で、1%の増羽が5%の価格下落に繋がるといわれる環境において、生産者が生き残れる道は経営効率の改善、すなわち生産性向上につきるわけです。そこで本号では、「不況時における経営効率改善」をテーマとし、育成期の成長管理および成鶏期の産卵管理と産卵成績の関係性、鶏卵品質改善のための飼養管理、飼料添加物と鶏糞低減飼料による健康維持と鶏糞の処理コスト削減、安定した生産性確保のための鶏病対策、第一線の養鶏経営者へのインタビューで構成しています。

>>> その他目次


エッグサイティング(Eggciting)な卵の研究

今月の本今月の本

八田 一 著
上巻 卵の栄養と調理機能
下巻 卵の健康機能
A5判(上巻196頁、下巻186頁)
上巻・下巻 各¥2,600+消費税+送料
上下巻セット ¥5,000+消費税+送料

京都女子大学食物栄養学科の八田一教授が月刊「鶏の研究」に連載した48回の原稿をアップデート。身近な食品である卵の優れた機能を栄養機能(一次機能)、調理物性機能(二次機能)および健康機能(三次機能)に分類し、さらに連載時に紹介しきれなかった卵に関わる情報を加筆し、上巻と下巻にまとめた。上巻では、栄養機能として卵の栄養成分の特徴、コレステロール問題の最新情報や栄養素強化卵の価値等、調理物性機能として黄身返し卵等の研究、卵の加熱ゲル化性や乳化性の科学等を紹介。下巻では、卵の健康機能として卵黄に含まれる抗体を疾病予防に利用する研究や、最新のゲノム編集による遺伝子組み替え鶏が産む製薬としての「金の卵」、医薬工場としての採卵養鶏等を紹介。

その他おすすめはこちら




Copyright © 2012 Kikoushobou.net