<<< トップページに戻る HOME

自然と農業 106号

自然と農業 106号
106号
−目次−
<特集>
  • 各種有機栽培の状況が明らかに-取組面積は150%に拡大
  • 有機農業の取組み拡大に向けてAI技術や栽培マニュアル等を普及
    -令和3年度『食料・農業・農村白書』
  • 化学肥料低減に取り組む農業者に支援金
  • 化学農薬・肥料使用量 2030年の低減目標を設定
  • 鶏糞低減飼料の開発と特許取得、および今後の展望
  • 植物ホルモン「オーキシン」の生合成において重要な2段階酵素反応 における調節機構を解明
  • 改良部分耕と表土被覆の組み合わせによる環境保全型タロイモ栽培技術
  • 農作業中の熱中症対策に関する注意喚起

<連載>
  • 自休
    経営環境の悪化がさらに進む畜産業界。有機飼料に赤信号
  • ナカツカカナのオーガニックコラム(41) 中塚華奈
  • 生産者を訪ねて
    有機農業教育と「見える化」で、単収増加と品質向上を実現
    〜 (株)いかす
  • 消費者との接点・小売りはこう見る
    未経験の起業から9年、信頼できる野菜を地域に届ける
    〜 マルシェ ノグチ
  • 変化する色は栄養の証 ツタンカーメン豆

  • 海外の話題
  • 国内ニュース
  • 編集部おすすめ Book & Movie

_