<<< トップページに戻る HOME

「鶏の研究」2022年 10月号

鶏の研究2022年 10月号
2022年 10月号
−目次−
  • 展望
    小手先の対策では逆効果も
    秋に向かい食品価格は上昇する中、次の一手は
  • LED単波長を利用した効率的鶏肉生産技術の開発
    LED単波長照射と飼料調整による生産性への効果(第1報)
    ・・・・・・・・・・・・ 齋藤那美香
  • 微生物学講座 (6)
    伝染性コリーザ ・・・・・・・・・・・・ 坂口正士
  • 飼育方法が鶏肉の肉質に及ぼす影響 ・・・・・・・・・・・・ 本田和久
  • 公的な裏付けをもって、確実な表示を
    〜鶏卵の令和3年度試買調査を実施〜 ・・・・・・・・・・・・ 鶏卵公正取引協議会
  • みどりの食料システム戦略を強力に推進
    〜令和5年度組織・定員要求を提出〜 ・・・・・・・・・・・・ 農林水産省
  • 生産基盤の強化と環境への負荷軽減の両立を目指す
    〜令和5年度農林水産関係予算概算要求〜 ・・・・・・・・・・・・ 農林水産省
  • 農業経営基盤の強化を目指し準備金制度の2年延長を要求
    〜令和5年度税制改正要望の要点〜 ・・・・・・・・・・・・ 農林水産省
  • カロリーベースで前年度比1ポイント増の38%。鶏卵は前年度と変わらず、鶏肉は前年度より微減
    〜令和3年度食料自給率を発表〜 ・・・・・・・・・・・・ 農林水産省
  • 令和3年農業物価指数を公表
    畜産物は104.2で、前年比2.2%上昇。飼料、配合飼料も大幅な上昇
    ・・・・・・・・・・・・ 農林水産省大臣官房統計部
  • 国連の仲介で、黒海航路によるウクライナからの穀物輸出が可能に
  • 2021年の中国のトウモロコシ輸入量は、アメリカ、ウクライナを中心に大幅に増加 ・・・・・・・・・・・・ 中国農業農村部「中国農業展望報告(2022-2023)」(トウモロコシ編)
  • 素雛のレイヤー出荷羽数は微減、ブロイラー生産は微増
    〜令和4年度第1回種鶏導入および素雛計画生産の概要〜
    ・・・・・・・・・・・・ (一社)日本種鶏孵卵協会

    <随想>
  • 世の中、なんだかフラフラしている ・・・・・・・・・・・・ 加藤宏光

    鶏界情報・海外版
    鶏界情報・国内版
    8月の動き
    技術要約