<<< トップページに戻る HOME

「鶏の研究」2021年12月号

鶏の研究2021年12月号
2021年12月号
−目次−
  • 展望
    2か月を割った2021年、コロナ、コロナ、コロナ
    業界はAIの動きに一喜一憂、2022年は
  • 鳥インフルエンザ防疫対策確立
    高病原性鳥インフルエンザ(H5N8)発生を中心に ・・・・・・・・・・・・ 大槻公一
  • 野鳥における鳥インフルエンザサーベイランスの重要性
    ・・・・・・・・・・・・ 奥谷公亮 小澤 真
  • 卵の孵化
  • コストを抑えた臭気対策でより取り組みやすく、安全に
    ・・・・・・・・・・・・ 共立製薬(株) 池田 隆
  • 排泄物の基準を整備し、高度利用を目指して ・・・・・・・・・・・・ 農林水産省
  • 鶏界の動き
    「第17回 ハイライン会議」を開催 ・・・・・・・・・・・・(株)ゲン・コーポレーション
  • 令和3年10月 鶏卵鶏肉生産・消費動向 ・・・・・・・・・・・・ JA全農
  • 鶏卵の需給見通し〜慢性的な供給過多に備え、市場の多角化・海外進出が急務〜 ・・・・・・・・・・・・ (一社)日本食鳥協会
  • 韓国で野鳥糞便からHPAI(H5N1亜型)が検出 ・・・・・・・・・・・・ 韓国・農林畜産部
  • 新型コロナにより卵の印象形成にも変化
    『たまご白書2021』・・・・・・・・・・・・ キユーピー(株)

    <随想>
  • 時代物小説家は凄い ・・・・・・・・・・・・ 加藤宏光

    鶏界情報・海外版
    鶏界情報・国内版
    10月の動き
    技術要約