<<< トップページに戻る HOME

「鶏の研究」2021年5月号

鶏の研究2021年5月号
2021年5月号
−目次−
  • 展望
     何事にもほどほどが大切な事かも
     異常な世に、業界も異常事態

  • 筋疾患の病態
     ・・・・・御領政信
  • 高病原性鳥インフルエンザ ― 2020年度の発生の特徴・・・・・小澤 真
  • 採卵鶏におけるМSを再考する・・・・・松川佐希
  • 《研究成果》今季国内の高病原性鳥インフルエンザウイルスの遺伝的多様性
    ・・・・・ 農研機構
  • オランダでの鳥インフルエンザのアウトブレイクの対応
  • 暑熱環境下における腸管とβマンナンの影響
  • 令和2年度国内における高病原性鳥インフルエンザ発生状況(令和3年3月31日現在)・・・農林水産省
  • アジアにおける高病原性鳥インフルエンザ
    および低病原性鳥インフルエンザの発生状況
  • 令和元年農業総産出額を公表
    〜養鶏全体で4.4%減、鶏卵5.5%減、食鶏2.7%減〜
    ・・・農林水産省
  • 令和二年の全国鶏卵生産量は、前年比0/3%減少
    〜生産量の都道府県別割合は茨城が最も高く8.8%、次いで鹿児島、千葉〜
    ・・・農林水産省大臣官房統計部「令和2年鶏卵流通統計調査結果」
  • 鶏肉購入時の重視項目は、「価格」「国産」
    〜安全性に関して感じる不安は「食肉中の食中毒菌」「食肉の消費期限改ざん」〜
    ・・・(公財)日本食肉消費総合センター「令和2年度食肉に関する意識調査」
  • コロナ禍 農業景況DIは大幅に悪化
    〜担い手農業者の設備投資マインドは高い水準を維持〜
    ・・・(株)日本政策金融公庫 「農業景況調査(令和3年1月調査)」

    <随想>
  • 作文能力は重要
    〜作文の本質は研究の原点か??〜 ・・・・・加藤宏光

    3月の動き
    鶏界情報・海外版
    鶏界情報・国内版
    技術要約